モニタースピーカーって・・・ - 音楽、バンド

モニタースピーカーって・・・

本当にモニタースピーカーを選択するのは難しい。
これは、正直、一生の耳に合ったものを探すのは不可能なのではないか!?
というくらい、難しい。

マイスタジオのモニタースピーカーもいろいろ試してきましたが、
結論から言うと(持論になります)、

◯値段で決めるのもなんですが、でも、1台50000円以下のモニタースピーカーは少なくとも、プロユースでの使用はかなりきつい。

◯ほいど馬買った、みたいなことにならぬよう、スタジオのキャパにあった大きさ、口径、を選ばないと後悔する。

◯きちんと、そのスピーカーに合った置き場所を試行錯誤して決めないと、本当の意味でのそのスピーカーの性能は出せない。が、、、、本当に良いスピーカーは、多少の置き場所の違いは、あまり変わらなかったりする。

◯自分の感覚に合った音。レビューに振り回されないこと。
 たとえば、一般的に、原音に忠実な音と評されるスピーカーでも、自分の耳にはバランスや音像が悪く聴こえることが多々あります。ここがリファレンススピーカーのキモであります。

◯テンションの上がる音じゃないとだめ。
 なんというんでしょうか。もちろん、上記の自分の感覚に合った音というのは大事ですが、なんとなく、綺麗なだけでやる気のない音、ガッツがあるのだが、詳細がよくわからない音、のほほんとした眠くなる音など、いろいろありますほんと。 要は、自分が、聴きたいと食らいつくような出音のスピーカーでなとダメだと思います。

◯言っちゃえば、そんなにこだわらないmixであれば、SONY MDR-CD900STヘッドフォンだけでミックスしても良いと思ってます。これだけでも十分バランスの良いミックスができます。
が。。。。 ここからなんです、ほんと、ここから。うまく説明できませんが、ここから先にめざすものが、モニタースピーカーがないと出来ないのです。両耳セパレートのヘッドフォンと、LRの音が一気に両耳に襲いかかってくる、ステレオスピーカーの音。全く別物なんですよね。

長くなりましたが、最近、機会があり、GENERECの音を聴けたんですが、衝撃でした。
無論、Eclipse TD508mk3の音も、音像がわかりやすくて、重宝していたのですが、GENERECのスピーカーの音を聞いたら、なんといっていいのやら、凄すぎでした。その情報量。

TD508MK3BK.jpg
↑※これは今まで使っていたTD508mk3。良いスピーカーでしたが、良い意味でも悪い意味でも音が綺麗すぎて(他の多数のスピーカーとの違いが大きい)、正直テンションがあがりませんでした。

そしてなんといっても、やる気の出る音が素晴らしかった。

ずいぶん前にも、同級生のレコスタで、GENERECのラージスピーカーでの音を聴かせてもらいましたが、なんというか、ああ、僕には全く縁のない、手の届かない音だなと、えらく感動とともに、落ち込んだりしましたが、あの感じをニアフィールドに持ってきたといっても過言ではない音でした。

というわけで、今回スタジオに新規導入するスピーカーがこちら。
 gene_8020dpmaa.jpg
4月に新規発売。身の程を知った大きさ。8020Cのマイチェン版ですね。
出力がアップされたほか、DESKTOPスイッチが搭載されました。
これぞ、僕の求めるモニタースピーカーだとおもいました。
新型のFOCALとも悩みましたが、やはり、ここでGENERECを手に入れておかないと
たぶん一生後悔すると思った次第です。

早速予約しようと思うのですが、せっかくなので、受注生産のホワイトにしちゃおうかなとw
何事も、テンションあげないとw

やっぱり最終的には、GENERECなのかなと。遠回りしたなあ。


 #モニター #スピーカー #GENEREC #ECLIPSE

Comment

はっとりあきのり  

No title

自分の耳の成長に伴って、その時々によって自分のテンションを上げてくれるモニターSPってのは変遷していくのかもしれないですね、とエントリーを拝読して思いました。

と同時に、やはり突き抜けた製品は時、場所を選ばずにすごいクオリティの音を出してくれるのもまた事実かと思います。QUADのアンプとWestlakeのスピーカーの組み合わせでモニターするプロジェクトで実感しました。こうなると試されるのは聴く側の体調とか(笑)。いずれにしても「これさえあればOK」とはならないものなのでしょう。

2017/03/08 (Wed) 09:27 | EDIT | REPLY |  
みい">

みい  

Re: No title

ここまで読み取って感じてくれてありがとうございます。はっとりさんも、音にはかなりこだわりが強い方だと思いましたので、きっと同意していただけると思いました(^^

聴く側の体調、これ本当に大切だと思います。僕は、仕事でくたくたになったときは、音像が全く見えてきません。お酒を飲んだあとは、詰まった音に聞こえます。本当に困ったものです。 やはりエンジニアリングは、ベストな体調のときにやらないといけないですね。 あとは、僕は、アルバムレコーディング&ミックスは、音的に大好きなCD(いわゆる自分のリファレンスCDです)を1曲くらい聴いて、耳をエイジングしてから向かいますw あ、ラジオの収録は、こんなことは一切やりませんよw

2017/03/08 (Wed) 09:37 | EDIT | みいさん">REPLY |  

Add your comment

Latest