スタジオの心臓部 - スポンサー広告音楽、バンド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジオの心臓部

マスターレコーダーは、ウチのスタジオの音の心臓部といっても過言ではありません。 

僕は、バウンスした音が大嫌いです。バウンスしたものをそのまま納品なんてことは、ラジオの番組収録以外は絶対考えられません。なぜなら、音が変わるから。僕が求めているものは、今ここでモニタースピーカーを鳴らしている、この音、この信号そのものなのです。 出力されているそのままの音を、ハイレゾ(1bit)で閉じ込めたいのです(但し、打ち込みが大半を占めている曲や、ニュアンス的にバウンス音源を使うときはたまにあります)。

なので、納品の際は、必ず、リアルタイムで、アナログでマスターレコーダーに送り録音します。曲によっては、SSLのラインアンプを通します。

 その、マスターレコーダーが、容量パンパンで、かなり古い機種なので、そろそろ買い替えかなと。そして、新たなマスターレコーダーが届きました。容量をまたしばらく気にすることがなくなり、精神的にかなり楽になりましたw 記念に写真を撮ってみました。 

 
箱は意外に小さかった。 


 
ちなみに、こいつは、今までの相棒。よく頑張ってくれました。 


 
箱から出すと、意外に小さい。


 
 
今後ともよろしく。


Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。