どうしても気になっていたマイク。 - 音楽、バンド

どうしても気になっていたマイク。

アラフィフの方々は、このメーカーを聴けば、おお!と思うでしょう。

marantz (マランツ)

80年代に一世風靡したオーディオメーカーです。
今はDENON professionalの一部?として名前が生き残ってますが、
なんと、このmarantzから、ラージフラムのコンデンサーマイクが登場しました!
まず、このシェイプに釘付け。

IMG_1648.jpg IMG_1650.jpg

これ、やばすぎ。ちょっとBlueに似てますが、かっこよすぎ。
そして、これ、なんと3万前後で購入できちゃいます。
もちろん、手に入れたのでレビューしてるわけですがw
こんなりっぱなキャリングケースも付属してきます。

IMG_1649.jpg 

ちょうど、僕がボーカルを録る曲のレコーディングをしていて、AKG C214でレコーディングしたものがあったので、こいつと比較してみました。

結果。。。。C214は、ボーカル録りとしては、お蔵入り。うちのスタジオは、このマイクと、ノイマンのTLM49の二本立てで決定。

いやはや、価格破壊です。
簡単に言えば、C214の高音の抜けの良さに、一本芯を通した感じの音です。
そう、あの、U87Aiのそれです。
でも、U87Aiよりも、キャラがしっかりしているこちらの方が僕としては好きです。
とにかく、抜けの良さに加えて、パンチがあります。
高音だけ綺麗でしゃりしゃりな感じではなく、うまい具合に中域がブレンドされている感じで、今回はボーカルだけでしたが、パーカッションとかにも良いかもしれません。今度、カホンの打面側にこれを使って試してみます。

っていうか、これ、3万円前後ですよ? U87Aiは20万近くします。このコスパは計り知れないです。marantz、やっぱり凄い。レコードプレイヤーなどもかなり高級機種を作っていたメーカーなので、出力回路部のノウハウはかなり持っていると思ったので、絶対マイクも妥協してないだろうという僕の推測が見事に的中しました。

そして、n-toschのHA-S149との相性が良すぎる。本当にこれ、3万円の音なの?という印象でした。
超おすすめマイクです。
ビジュアルも最高に素敵なので、はったりも効かせられますw

IMG_1651.jpg IMG_1652.jpg

明後日の某Rのレコは、このマイクで決定!
やばいなあ、この価格でこんなマイク出されると、今後のマイクのセレクト、めちゃくちゃ難しくなるなあ。。。

Comment

Add your comment

Latest