劇団わらび座「げんない」、見てきました - スポンサー広告日記、ぼやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団わらび座「げんない」、見てきました

topimg04.png

わらび座の「げんない」見てきました。

元々、ミュージカルや演劇や舞台に、少し否定的な自分なので、この舞台の参考に、とかは、絶対しないでください(笑)あくまで、自分の赤裸々な感想を記しておきます。感想に文句を言われても困るので、これだけはまず書いておきますw

お客さんは、仙台市民会館(今年からはトークネットホール仙台になるのかな)の1F、ほぼ満員。始まる直前くらいから、客席にピエロがいて、何やらやってましたが、全く見えずwww

幕があがり、セットの大きさや出来に感動。
セットは、主に、前部の掛け軸と、後部の2段になって区切られた木製?枠組み。たまに、緞帳の前での芝居もありました。ウケをねらう平賀源内が可愛かったwしきりに、仙台のホームページをネタに使ってましたねw

後部がメインで進みますが、色々な仕掛けがあり、楽しめました。ちょっと、2段組セットの見た目が、白Aのパフォで使われたものに似てるなって思いました。

最初の方は、あまりストーリーが入ってきませんでした。
なんでだろう。
僕は、あらすじを大体知っていたのでアレだったんですが、あらすじを知らない人は、どうだったんだろう? 把握出来たのかな? もう少しストーリーに親切でも良いような気がしました。

10分の休憩を挟んだ2時間の舞台だったんですが、中盤が、僕は一番のめり込みました。歌と踊りとストーリーが見事なバランスで、飽きさせません。

お千世と吉次郎が恋に落ちるところで、バックにハートとハートを射抜く矢が、LEDのケーブルで形作られて表示されるんですが、あれ、どうなんだろう、いらない感じがしました。あれで一気に安っぽく感じちゃいました。。。途中で、そのLEDケーブルを使ったダンスのようなものがあったんですが、これもちょっと。。。なんか光の演出が、なんとも中途半端な印象でした。LEDで構成するなら、もっとがっつりLEDの光がついて「うおー」って声が出るほどの演出をしてほしかったです。ダンスが見事だっただけに、勿体無いと思いました。

歌は、さすがでした。全てが素晴らしかった。
さすがとしか言いようがなく。
特に、鈴木潤子さんの歌声は素晴らしかった。
あたりまえですが、決してポップスの歌い方ではなく、まさにミュージカル、舞台での歌い方というか。ピッチはバッチリだし、声量、声の伸びも素晴らしかった。歌い込んで努力してるんだろうなあって感じが、ひしひし伝わってきました。

そして、ダンス。かなり良かったです。ラッキィ池田がふりつけのようなんですが、とてもカッコ良いし楽しかったです。ピエロの存在が、ミステリアスで不思議な雰囲気を出していて、これまたとても良かった。

全体的に、とても楽しい、きららかな舞台でした。

でも、残念なところが何箇所か。
すみません、ここからネガティブなところ列挙します💦

まず、音楽。あまりに単調で、メロも頭に全く入ってきませんでした。今、一曲も思い出せません。歌のオケ音源も、プロというには、あまりに作り込んでないような感じで。もちろん、役者さんの歌を引き立てるために、あえてチープな感じにしているのかもしれませんが、僕は、やっぱり声とオケの統一感(お互いに引き立て合う)を感じないと駄目なんです。

そして、上記に通ずることなんですが、歌とオケのバランスと、出音が残念でした。
お年寄りも来るということで、下げてるのかもしれませんが、迫力がいまいちで。
聞きやすさ、と考えればいいのかもしれませんが。
これは好みの問題かもしれません。

色々な、新しいものを舞台に取り入れようという意気込みを感じられます。
ただ、どれも、少し空回りしてるかなという印象が拭えませんでした。
タオル回ししかり、音楽しかり。
どうせなら、ヒップポップやラップもとりいれたら、もっと斬新になったのかなと。
(実際に僕が以前舞台音楽作ってた時にやっちゃってましたがw)

もう一つ気になったのが、客層。見渡すと、殆どが、中年からご年配ばかり。
こういう舞台は、是非、若い人達にみていただきたい(個人的願望)。
確実に来てもらうには、高校生以下3000円は、まだ値段が高い気がします。
そして、大人も、正直な感想だと、6000円は高い感じがしました。
僕の金銭感覚がおかしいのかもしれませんが、そう感じてしまいました。
大人料金も高校生以下料金も「絶対行くんだ!」「楽しみだな!」と
思っている方々からすれば、全く高くないかもしれません。でも。

「ちょっと興味あるから、行ってみようかな?」
「舞台って、行ったことないから、いってみようかな?」

という、舞台を見て、楽しいと初めて感じてくれる人を増やす「種」としては、大人も高校生以下も僕は高めのお値段設定だと思いました。僕は、お知り合いがわらび座にいるので、楽しみだったので高いとも安いとも思わず行きましたが、そういうことがなく、全くの初見だったら、たぶん、この金額では、僕は足を運びません・・・

以前見た、「ジュリアおたあ」と「げんない」どちらが良かったかと聞かれたら、微妙な差で「ジュリアおたあ」と答えます。一緒に見に行った、某N氏は、「げんない」の方が良かったみたいです。当たり前ですが、それぞれに、受け方が違うんですね。

次回は、「ジパング」という舞台がまた仙台であるようです。
おそらくまた僕は足を運ぶでしょう。
それは、色々赤裸々に書いてきましたが、
結論は、今回の「げんない」も、前回の「ジュリアおたあ」も
僕の中では「面白い」が勝っていたからです。

そんな、「げんない」の感想でした( ´ ▽ ` )ノ

 #げんない #わらび座 #鈴木潤子 #ジュリアおたあ #ジパング #舞台

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。