「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」で少し遊んでみた - スポンサー広告電脳・ガジェット等

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」で少し遊んでみた

IMG_3125.jpg

まずびっくりしたのは、説明書が入っていない💦
よく見たら、箱の横に、ちょっとした説明が。
まあでも、本当に簡単に初期設定が終了します。
なるほどこれは説明書は要らない。

電源を入れたら早速本体の更新が💦
まあよくあることです。

同時に頼んでいたソフトが、
とりあえず、ボンバーマンRだけが届いたのでやってみました。
コントローラーの使い勝手は、まあまあ良好。
ただ、Joy-Conのレバーが、少し軽すぎる感があって、
慣れるまでに時間がかかりました。

夜になってゼルダが届いたので、これも少しだけプレイ。
グラフィックを思っていたより良かったです。
液晶も、TVも、満足のいくクオリティーでした。

両手でJoy-Con別々に持って操作できるのは、
ちょっと新しい感覚でした。痛快です。

そして、Joy-Conを横にした持ち方でもプレイしてみました。
いわゆる、2Pで遊ぶ場合には、このスタイルになりますね。
ゼルダの場合は、両方のJoy-Conを使っての操作なので、
ボンバーマンRで試してみましたが、これも、まあまあ。
操作性がとても良いとは言えませんが、
十分我慢できる操作性です。

バッテリーの持ちは、本体はまだ良くわかりませんが、
一番気にしていたJoy-Conの方は、かなり持つ感じです。
巷では、付属してくるグリップが充電が出来ないので、
Joy-Conを充電しながら出来ないのが難点という
風潮でしたが(そういう方は、本体と一緒に充電グリップを
購入している)、これだけJoy-Conのバッテリーが持てば
正直、全然問題ないです。

かなりヘビーに遊ばないとバッテリー無くならないと
思います💦

とりあえず、まず、本体だけを買って付属品だけで遊んでみて、
どうしても必要になったときの購入でいいかと。
本体だけで、十二分に問題なく遊べる印象でした。

ただ、とても気になったのは、
WiFiの電波の入りの悪さ。
これはいただけない。
たぶん、ちまたでボンバーマンRの遅延がどうこうという記事が
早速色んな所で書かれてますが、これも原因かもです。
まず、すぐ近くにある
ルーターSSIDが、何度再検索しても
出てこない
これには閉口。。。
iPhoneとiPadでテザリングをしてみようと、やってみたんですが、
これまたSSIDに出てこない。なにこれ。。。
10回位再検索したのですが、一向にリストに出てこないので、
仕方ないので、手動でセッティングしたら、繋がりました。
これ、あきらかに不具合だと思います。
まあでも、この辺のところは、ファームウェアでなんとかなるでしょうが
電波の受信の弱さは変わらないんでしょうね。
ハードウェア的な問題だと思うので。
iPhoneと、Switchの、
同じSSIDの電波の強さを比べると、
アンテナ2つ違います。
マジです。なんとかならないかなあ。

もう少し遊んだら、またレビュー書きます。

 #Nintendo #Switch #スーパーボンバーマンR #ゼルダの伝説 #WiFi #Joy-Con #ニンテンドー #スイッチ

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。