YAMAHA MOTIF-RACK ESという、掘り出した宝物 - 音楽、バンド

YAMAHA MOTIF-RACK ESという、掘り出した宝物

実は、今回の断捨離で、この、タイトルの
YAMAHA MOTIF-RACK ESをヤフオクに出してしまおうと
考えていました。

IMG_3213.jpg 

この音源、以前、ウインドシンセのAKAI EWI4000s
外部音源として使おうと思い、タイミング良く超格安で
かなり状態の良いものをヤフオクで落とせました。
ウインドシンセの外部音源として使用するつもりだったので、
物理モデリング音源カード、PLG150-VL
(結構レアなカードです)、探しまくって
これまた格安でセカイモンで見つけて、
落札し、搭載しておりました。

05a4b440.jpg 

最近は、僕のウインドシンセは、AKAI EWI5000に加えて、
Roland AE-10がラインナップに加わったので、
EWI4000sを手放しました。
このMOTIF-RACK ESも、もう使わないだろうと
手放す予定で、動作確認チェックをしようと、
電源を入れて音を出したわけですが、、、、

なにこれ、音良い!!

ちょっと久しぶりに耳がびっくりしました。
ソフト音源に慣れていたせいか、アレだったんですが、
とにかく透明感が凄い(ちなみにOptical接続です)。
そして、なにより、レスポンスもいいし、
音源の音色もエンコーダーでサックリと選べるので、超らくちん。
いつまでも弾いて遊んでいたい感じといったら分かるでしょうか。
そして、ウインドシンセでしか使わなかった物理モデリング
音色も、鍵盤で出してみたんですが、これは超使える!
さすがは、EX7の直系。素晴らしい音。

いはやは、使わなすぎって怖いです。
これは手放せない。
早速、PCにUSB接続し、OUTPUTをOpticalで
Apolloにデジタル接続して、
DTMの音源として使うことにしました。
幸いなことに、Sierra 10.12.xでも接続可能なUSBドライバーが
YAMAHAからダウンロード出来たので、接続はばっちり。
こういうところがYAMAHAの良いところですね。
音色はDAE側から別に選べなくてもOK。
とにかくMIDIデータさえ読み書き出来れば、
あとはなんとでもなります。

当分これで遊べそうですw
内部完結を目指すとか行って、また、アウトボードが残ってしまったw
まあでも、デジタル接続で外部ノイズほぼ無しなので良しとしよう。

あとは、こいつがほしい。
http://www.korg.com/jp/products/computergear/microkey2_air/

 motif microkey EX7 VL 物理モデリング EWI AKAI YAMAHA Roland AE-10

Comment

Add your comment

Latest